My Fishing Life

スタイルは「楽」が基本の、ハード好き。魚種豊富な和歌山の多彩釣り(ゲーム)を関西系のノリで紹介していきます。

  • TAKU
  • 大阪府在住/奇想天外な釣りを求め、日々フィールドを東奔西走する アクティブアングラー。 和歌山県南部をホームに活動中

RSS

ALL LIST

春探し。2018.03.09

 年の初めの3カ月は何かと気忙しく、行く、逃げる、去るなんてことが言われますが、今年の2月は平昌オリンピックが開催され、連日、日本勢が咲かす百花繚乱の花に興奮、そして感動していると、いつもより早く月日が過ぎたように感じます。
気づけは水温む3月
日一日と暖かくなり春の訪れを感じるようになると、そろそろ浅場に春告魚が回遊してくる頃でしょうか

P3090242.jpg

3月が足早に去ってしまう前に、少々年季の入った相棒を持って一足早い春を探しに行きます。

潮位が高い大潮回りに凪の海
浅いところで水深1mにも満たないシャローエリアを、エビッコを水面から浮かず沈まずのレンジで、流れの変化を探しつつゆっくり流れに乗せるようにトレースして行きます。

ここでエビッコの簡単なおさらいですが、このルアーはシンキングペンシルに分類されるルアーで、引き抵抗があまりないためアングラーとしは使用感が薄いルアーと言えます。しかし、抵抗が少ない分、潮流の変化を敏感に感じることができ、メバルの餌が流れる「潮上から潮下」を意識したトレースが可能となります。またシャローエリヤでは水面直下をトレースすることが多いため、重すぎず軽すぎない比重と広範囲を探るための飛距離が必要となりますが、3.3gのウエイトとキュートでいてバランスのいいボディ形状は、レンジキープ力とキャスト性能を備わっており、私自身何年も、そして年季が入ったものも長年愛用させてもらっています。


潮が下げに変わったところで、鋭く、そして小刻みにヘッドシェイクするメバル特有のアタリ!

P3030100.jpg
今季のファーストフィッシュは28センチ!幸先の良いスタート

P3030145.jpg
P3030125.jpg
シャローに入ってくる魚は明らかに水面を意識しているようで、水面直下のトレースでアベレージサイズが連続ヒット

P3030211.jpg
最後に「これは念願の紀北で尺超えか!」と思いましたが、1センチ足りませんでした(苦笑)

P3030120.jpg
昨年は絶不調の春告魚でしたが、今年は幸先のいいスタートが切れました!

次の大潮と凪が楽しみです。

【タックル】 
ロッド  オリジナル8.3ft 
リール  10ステラ2500S 
ライン  PE0.4号 
リーダー フロロ6ib 
ルアー  テトラワークス エビッコ

Return to page top

FIELD REPORT