My Fishing Life

スタイルは「楽」が基本の、ハード好き。魚種豊富な和歌山の多彩釣り(ゲーム)を関西系のノリで紹介していきます。

  • TAKU
  • 大阪府在住/奇想天外な釣りを求め、日々フィールドを東奔西走する アクティブアングラー。 和歌山県南部をホームに活動中

RSS

ALL LIST

RoughTrail MALICEを持って出かけます!2018.05.06

青物の捕食行動の一つに「ハタキ」というものがある。
これは捕食魚に襲われたベイトの群れが、捕食され難いよう一つのカタマリとなった際や、早やくイレギュラーな動きで追い切れない状況になると、体当たり等を行い群の拡散、ベイトの動きを弱らせ、容易に捕食するためにとる行動で、この時、ハタキを受けたベイトはその衝撃により、斜めに泳ぐもの、回転するもの、その場に留まる、またはゆっくり沈んでいくものなど、様々な動きを見せると言われており、現在のオフショアのジギングにおいては、このベイトの動きを演出するメソッドが多く試されている。
IMG_9710.jpg
今期発売されるRoughTrail MALICE (ラフトレイル マリス)
全長130mm、ウエイト64g(フック、リングを含む)、重心固定のこのルアーは、オフショアにおけるキャスティングゲーム!特にナブラ打ちで、ハタキによって見られるベイトの動きである、「沈んでいく水平フォール」を演出し、また、リアルなフォルムにより、着水から僅かな時間で喰わせることにこだわったルアーであるが、実は太いショックリーダーの使用も考慮したウエイト、そしてボディバランスによる水平フォールは、着水の一瞬だけでなく、水面からボトムに至るどのレンジにおいても、弱ったベイトを演出することできる。

そんなマリスを持って、シーズン初期4月下旬の隠岐を訪ねてみた。
まだ水温が低いこの時期、ショアからの青物狙いでは気難しいところがあるのだが、初日は沖に突き出た島の先端部で水深のあるポイントからスタート
先ずは友人がトップから探っていくが反応はない。
ここで試しにマリスをボトムまで沈める。水深は約30m程度、カウント30で着底するので1秒間に約1mのフォールスピード

着底後ジグのようにワンピッチで巻き上げ、フォールに移行した瞬間ヒット!
P4270052.jpgP4270033.jpg
一投目からの反応に嬉しい戸惑い

隣では100gを超えるジグをシャックているが反応はないようだ

続いて二投目、先ほどと同じように着底からワンピッチで巻き上げ、フォールに移行した瞬間バイト、そのままフォールを続けたところで再びヒット!
P4270044.jpg
反応の良さに正直驚く

何匹か釣ったところで感じたのは、ワンピッチなどでの巻き上げ時に、バイトもしくは違和感を感じた際、すぐにフォールに移行するとヒットすることが多いようだ。

マリスの巻き上げ時のアクションは、ジグのように横へ大きくスライドする訳でもなく、単に小さくヒラを打つ程度のアクション、ヘッド部分は細くシェイプされているので巻き重りは少ない。
ヒットまでのイメージは、巻き上げのアクションで魚を寄せ、またハタキをさせ、その直後に水平フォールに移行、弱ったベイトを演出し口を使わすといったイメージ

この動きは、比重の重いメタルジグでは出せない動きである!
P4270135.jpg
初日の最後は7キロオーバーの
P4270138.jpg
鰤!

翌日は、前夜の強風による大きなウネリで釣りがやり難い状況だったが、トップでなんとか目標のヒラマサ!
P4280161.jpg
魚の反応が少ない中、前日のマリスの活躍に期待し、沈めていくが一度バイトがあったがフックアウト。
その後、場所を冲堤に変わり友人が1投目に投げたマリスに、得体の知れない大物がヒット!翻弄されつつ足元まできた魚は底で動かなくなり、長い間待っていたが最後は自らブレイク...
大型の根魚?いったい何が掛かったのか、夢があります(笑)

最終日、凪の予報は裏切られ、南西からの爆風!
なんとか風を避ける磯に上げてもらったが、横から吹く強風はキャスト、トレースなど釣りの全てを邪魔するので厄介である。
朝一は波の高い時に扱いやすい、ラフトレイル青政188SFからスタート
風にラインが取られないよにベンディングし、波に逆らわないようにトレースすると、水面を割って派手に出た!
IMG_0077.jpg
P4290189.jpg
これぞトップゲームの醍醐味!
P4290209.jpg
魚は本命のヒラマサではなかったが、コンディションの良い鰤
P4290251.jpg
友人もトップで鰤祭りを満喫している。

風は益々強さを増し、ルアーをキャスタビリティーに優れたマリスにチェンジ、上から上々にレンジを刻みながらマリスを沈め、ワンピッチで巻き上げてくると前アタリ?すぐにフオールに移行しヒット!
P4290236.jpg

P4290225.jpg
今回はこのアプローチが合っているようだ。

今までのジグミノーは、少し水深のあるエリヤではボトムまで沈めてアプローチすことは、ウエイトの関係で中々難しかったが、マリスは今のところ30m程度の水深はボトムまでアプローチできそうで、またジグにない自然な水平フォールアクションは、今後益々楽しませてくれそうな予感である。


タックル
【トップ用】
 ロッド  10フィート LureMax120gクラス
 リール  14000XG
 ライン  PE5号
 リーダー ナイロン100Lb 
 ルアー  青政188SF
【ミノー用】
 ロッド  10フィート LureMax100gクラス
 リール  6000XG
 ライン  PE3号
 リーダー ナイロン60b
 ルアー  ラフトレイル マリス  






Return to page top

FIELD REPORT