漢磯紫流儀

磯を舞台にターゲットに真っ向勝負を挑むパワフルアングラー赤木光広のホットレポート。

  • MITUHIRO AKAGI赤木 光広
  • 岸和田市在住 / 紀伊半島をホームにヒラ・マル・青物を追い求める、常に全開の豪傑釣師。

RSS

ALL LIST

台風の恩恵2018.09.30

各地で大きな被害をもたらした台風21号。

私の住んでいる大阪の被害は特に酷く、

今でも至る所で民家の屋根にはブルーシートが掛けられている。

当然私の自宅も被害を受け、ここ最近平和ボケをしていた感覚に自然の驚異をあらためて痛感させられた。

そんな被害のあった台風ではあったが、海の中の状況は一変した。

大量のイワシが大阪湾へと流れ込み、漁港やその周辺ではイワシの群れで真っ黒になっている。

そこへ今度はイワシが大好きなタチウオやサゴシ、サバなどがたくさん釣れ、波止場は大賑わいとなっている。

私もドラッグメタルでサバゲーム。

FullSizeRender.jpg

キャストスリムを遠投してからカーブフォールさせると毎回の様にバイトしてくれる。

それが夕マヅメに近づけばほぼ入れ食い状態。

ドラッグメタルのフォールとシングルフックのバランスが良く、フッキングもバッチリ!

サバ2.jpg

そして周辺の磯へ今度はキャストスリム60gのピンクを使用し浅い水深ではあるが丁寧に探っていくと、

しばらくして低層レンジで反応があった。

まだ夏の潮の名残なのか、この魚は元気一杯!

カンパチ.jpg

ジャークするとキレの良いスライド、そしてタダ巻きでもユラユラと動きバイトさせてしまう。

もちろんフォールしても良しで、歯魚系には特に有効である。

台風直後の高活性な魚達にドラッグメタルの変幻自在な動きが相俟って秋の釣りを満喫できた。

カンパチ・ハマチ.jpg

これからの時期、ドラッグメタルを各サイズ揃え、各漁港やサーフにゴロタ場などの小磯をランガンしながら、いろんな魚種と遊んでみるのも楽しいと思う!

Return to page top

FIELD REPORT