漢磯紫流儀

磯を舞台にターゲットに真っ向勝負を挑むパワフルアングラー赤木光広のホットレポート。

  • MITUHIRO AKAGI赤木 光広
  • 岸和田市在住 / 紀伊半島をホームにヒラ・マル・青物を追い求める、常に全開の豪傑釣師。

RSS

ALL LIST

マイフェイバリット2018.10.31

いよいよ青物のハイシーズン本番へと突入した。

特にショアからの場合はこの時期少々疲れが溜まろうが毎週磯通いか欠かせない。

今年は高水温だったせいかいろんなフィールドでカンパチが結構ヒットした。

ルアーは勿論マリス130!

ここ最近の超々お気に入りのルアー。

DSC_1486.JPG

今年はこのルアーに大変お世話になっている。

良く飛び、ある程度の深いレンジをカバーし広範囲に攻める事の出来る平均点の高いシンキングペンシルである。

最近はマリスシンドロームになりがちな私。

いやいやを俺も忘れてはならなぬ。

同じく大好きな青政148Sも良い仕事をしてくれている。

DSC_1496.JPG青政も同じく良く飛びアピール力に優れ、誰が操作しても使い易いルアーである。

この青政にバイトした魚は何故かガッポリバイトしている事が多い。

この二つのルアー、特にカンパチには有効の様な気がする。

理由は常にアクションさせる事の出来るルアーであり、そういった動きが好奇心旺盛のカンパチの特性を煽るのかも知れない。

気難しいカンパチであるが、案外素直にバイトしてくれることも多々ある。

DSC_1513.JPG

もうしばらく今シーズンこのマイフェイバリットの2つのルアーを駆使し、青物を狙って見ようと思っている。

Return to page top

FIELD REPORT