from北海道 トラウト&渓流オタクレポート

根っからの釣り好きで色々なジャンルを吸収し、一番大好きなトラウト、特に地元北海道の渓流ルアーフィッシングに情熱を燃やす。

  • MANABU ISHIKAWA石川 学
  • 地元住宅メーカーの営業マン。過去、某釣り雑誌の編集記者を3年程経験し、釣り業界に片足を突っ込んだことも。

RSS

ALL LIST

早春の渓はつらいよ2018.03.14

70624.jpg

3月半ばの北海道は先日の大雨で一気に雪解けが進んだ。

かといって、春が来たと思うのは早計である。

昼間の日差しはだいぶ和らいできたけど、朝晩の冷え込みはまだまだ冬なのである。

?

しばらく足が向かなかった近郊の渓流へ行ってみたくなった。

数年前の豪雨で壊滅的な被害を受けた渓だ。

そして、山間部の積雪量はまだ1200?1300?もある。

?かなり歩いて2本目の橋まできた。

1本目の橋も2本目の橋も無残に崩落したままだ。

そして、魚影がまったく見られない。

ここに見切りをつけ、支流に入ってみようと思った。

陽が高くなり、支流には雪解け水が入って笹濁りの状態ではあったものの、釣りにはなりそうだった。積雪のため、車で容易に近づけないこの支流も相当歩いたが、やっと反応してくれたのは小型のニジマスだった。普段はエゾイワナが良く釣れる渓なのだが、まだまだ活性は低いのだろう。

半日歩いてこの釣果には笑うしかないが、タフコンディションでもヒットする魚がいるというのは嬉しいものだ。

そして、いつも頼りになるのがリュウキなのである。

70622.jpg

【使用タックル】

ロッド:ブラキストンBKT-511L

リール:セルテート・ヴィンテージカスタム2004

ライン:パワープロPE0.8

リーダー:トラウトショックリーダーフロロ10Lbs

ルアー:スピアヘッド・リュウキ50S

?????????

Return to page top

FIELD REPORT