入鹿池パトロール隊

中部地方の老舗レイク入鹿池をホームとし、週間ルアーニュースに毎週入鹿池のナマ情報を連載中。

  • HITOSHI FURUKAWA古川 仁志
  • 岐阜県在住/琵琶湖・長浜エリアにも精通し、日の出から日没まで、日々デカバスを追い求める熱血アングラー。

RSS

ALL LIST

いよいよ鬼鱒シーズン到来!2016.12.29

例年と比べ、まだ暖かいように感じていた今年の12月ですが、今日も寒気が入って来て、冬らしい冷え込みになって来ました。





冬の琵琶湖長浜エリアの釣りと言えば、私の大好物のビッグベイトが威力を発揮し出すシーズンです。





鬼鱒image.jpeg





先日、長浜での釣り納めに行って来ましたが、この時は鬼鱒のニューカラー、チャートバックアユが良い仕事をしてくれました♪









image.jpeg





76c8d08fb618fc5feb6cfa5c886249cbd43f6b48.jpeg





4aba693aa93afc5953d69a9e4bb1661c04d35186.jpeg





残念ながら釣る事はできませんでしたが、この日はナナマル近いマグナムサイズのチェイスもあり、居場所はしっかり確認する事ができましたし、最高にコンディションの良いバスも釣れて、良い釣り納めにする事ができました。





ビッグベイトの釣りと言いますと、あまりビッグベイトを使わない方から見たイメージでは、巻いていればドカーンと釣れてしまうようなイメージがあると思いますが、実は凄く繊細な部分もある釣りです。





鬼鱒のようなS字系のビッグベイトは、特にルアーの浮力調整等セッティングが重要になります。





ビッグベイトの釣りでは、バスが下のレンジから食い上げて来る場合と、バスのレンジと合わせてやらないと喰って来ない場合がありますので、攻めるレンジやリトリーブスピード等によって、調整してやります。





a1da0438517065a94d68eef646fbd6b93df7712e.jpeg





この日は、4メートルボトムの3メートルレンジを引かないと喰って来なかったので、シンキングモデルに1グラム程度のウェイトシールを貼って、バスのレンジに合わせて喰わせました。





ウェイトシールを貼る場所や、シンキングとフローティングモデルの使い分け等々は、次の機会にでも書かせて頂きますね!





これから春にかけて、本格的なシーズンを迎える鬼鱒で、皆さんもグッドコンディションのバスを狙ってみて下さいね♪

Return to page top