入鹿池パトロール隊

中部地方の老舗レイク入鹿池をホームとし、週間ルアーニュースに毎週入鹿池のナマ情報を連載中。

  • HITOSHI FURUKAWA古川 仁志
  • 岐阜県在住/琵琶湖・長浜エリアにも精通し、日の出から日没まで、日々デカバスを追い求める熱血アングラー。

RSS

ALL LIST

スピンベイト&Vテールシャッド大活躍!!2018.07.08

梅雨も、もうそろそろ終わりになる頃なのでは?と思っていた矢先、現在、西日本や東海地方に記録的な大雨が降り続いています。



私の住む岐阜県にも大雨特別警報が発令されている状態ですが、幸いにも近隣には災害が起きていない状況です。



しかし、九州や広島など多数の方が被災されている映像が、ニュースから流れており、改めて大雨の怖さを思い知らされます・・。



今回の豪雨災害によりお亡くなりになった方々に、心よりご冥福をお祈りします。



被災された方々には、一日も早く元通りの生活ができますように願っています。



そして、水辺に出掛けられる方は、充分注意してお出掛け下さい。





昨年は、空梅雨のため水位がグングン下がっていた入鹿池ですが、今年はスローペースながらも、徐々に水位が下がって来ていました。



そして、これから楽しくなって来ると思っていた矢先のこの豪雨により、また一気に増水しました。



恐らく本日中には、また完全満水となると思われ、ある程度バスの動きも読めていた入鹿池も、また振り出しに戻ってしまうと思われます・・。



前回は、梅雨入り直後の入鹿池の様子や、これから良くなるであろうルアーなどの紹介をさせて頂いたのですが、今回は、その後の入鹿池の様子や、今後の予想なども含めて書いてみたいと思います。



6月20日には、琵琶湖長浜のプロガイド西島さんを招き、バックシートに乗せ入鹿池ガイド。



この日は、雨が激しく降ったり止んだりする、ローライトコンディションでした。



若干濁り気味であった入鹿池の水質もやや落ち着いて来て、少し水質が良くなり始めるくらいのタイミングでしたが、スピンベイトがハマった1日となりました。





45B93C3D-D033-4BA1-A10C-577E7F6B2622.jpeg



6CC7DF3C-20F0-4C8F-B3BC-8D61F14256F0.jpeg



546A59DB-A732-4E5D-B63C-DC59DD60BA51.jpeg



41C5CF71-B557-4E22-9E8E-80A311168211.jpeg



238600BB-C0AA-4972-8011-4E19CADCD8E7.jpeg



E912849D-ED62-4E91-B997-65E56AF7F6D4.jpeg



060B042B-72D5-420D-B57B-D610442C3FF9.jpeg



4E90B421-2C8D-4DA2-B6EE-7247283A8FE7.jpeg



7953FDEE-F63D-4323-BB0D-5CEF8508046E.jpeg





それまで好調だった忍虫のライトキャロは、この日は全く反応なく、中層がメインパターンとなり、スピンベイト80G-FIXやVテールシャッド4インチのジグヘッドリグ中層スイミング等で、50up3本を含む多数のバスをキャッチできました♪



バイト自体は、キャッチしたバスの4倍以上はありましたので、全てのバイトをフックアップできれば、とんでもない釣果になったのでしょうが、喰いが浅くなかなかフックアップに持ち込めず、今後の課題を残した形となりました。



私はベイトフィネスでグラスロッドを使用してますが、なかなかバイトをノセられないくらいでしたので、スピンベイトを使われる方は、グラスロッドやティップがしっかり入ってくれるロッドを使うのをお勧めします。







6407F0B9-4CB6-40A8-B6D3-D4914640311C.jpeg



2D0F3EEC-6CB8-48BD-8366-4EE12370BA6E.jpeg



35E126A2-EC05-4CF8-8E34-6274D5838A3A.jpeg



1B4CBA5C-B76F-40FF-B97E-D669CE8F0584.jpeg 29日は、台風並みの南東風が強烈な1日で、 中層スイミングなんてとてもやってられない1日・・。



そんな事もあり、Vテールシャッド4インチのヘビキャロがメインパターンとなりました。



減水が進んだ事と、バスのレンジも比較的深いエリアまで落ちていたことから、ボトムの釣りが成立し、40センチ、45センチ、46センチ、50センチを何とかキャッチできました♪



暴風により、この日はボートの操船が不慣れな方では危険なレベル、入鹿池と言えども、やはり荒れた日には危険が付きまといますので、状況を見て無理なく釣りを楽しんで下さいね!







0AFBF526-9C95-4E29-82C1-F486FC7084E2.jpeg



BE6C7870-BB07-488A-BB75-E9449CC2E37B.jpeg



28957821-3316-4A3D-A2BB-64A7B0AA072C.jpeg



04ED16A9-04D1-471D-A3C8-BC88A7860FF4.jpeg





7月に入り2日にも、Vテールシャッド4インチのヘビキャロが大活躍♪



56センチまでキャッチできました!





C4C28B9F-61F3-4537-86AB-8AA89CFABE4D.jpeg



閃きで、試しにキャストしてみたレアリスバイブレーション62G-FIXで、8メートルボトムをリフト&フォールさせてみると、一投目にヒット!!



ボトム展開となると、ワームを使った展開となりがちではありますが、スパイス的にハードルアーを使ってみるのも、ワームでは喰わないバスをキャッチできるかも知れませんので、是非使ってみて下さいね!!





今後の展開ですが、今回の豪雨による増水に伴う濁りにより、水がクリアになり始めるまで、劣勢となり始めていた、波動の強いルアーが活躍する可能性が高くなると思います。



増水により、バスが抜け始めていたシャローに入る可能性もありますので、レアリススピナーベイト G-1の早巻きや、レアリスクランクM65の5A、8 A、11A等が活躍してくれそうです。



バスのレンジはどこにいてもおかしくないと思われるので、シャロー展開が不発な場合は、様々なレンジを探る必要があります。



その場合は、レアリスクランクG87の15A、20A等もお試し下さい!



水が少しずつクリアになり始めたら、またスピンベイトが活躍しそうなタイミングとなりますので、水質をよく見極めて、ルアーローテーションをしてみると良いと思いますよ!

Return to page top