入鹿池パトロール隊

中部地方の老舗レイク入鹿池をホームとし、週間ルアーニュースに毎週入鹿池のナマ情報を連載中。

  • HITOSHI FURUKAWA古川 仁志
  • 岐阜県在住/琵琶湖・長浜エリアにも精通し、日の出から日没まで、日々デカバスを追い求める熱血アングラー。

RSS

ALL LIST

減水の入鹿池2018.09.05

今年の異常な暑さもピークを過ぎ、少しだけ涼しくなって来たような気もしますが、残暑が例年の夏のような暑さで、釣りに行く度に、体力を削ぎ落とされているような気がする今日この頃です・・。





36890F2D-11A8-4BAA-83F6-BB1BE6F2B685.jpeg



DA22F533-7484-42AF-951C-B42B04378562.jpeg



307FF849-2EA5-4CA6-AA38-692FEE046393.jpeg





この暑さに加え、雨が非常に少ないサマーシーズンという事で、入鹿池の水位はグングン下がって来ており、2日の時点では約6.5メートルの減水状態となっています。





各地に多大な被害を及ぼした、台風21号ですが、入鹿池周辺ではそれ程多くの雨は降らず、僅かに増水した程度に留まっています。



水温の方は、29℃から30 ℃台と依然高水温で、バスのフィーディングは基本早朝〜午前中に集中していますので、釣りたい方はなるべく早目の出船がお勧めです(笑)





釣果の方ですが、釣れていると言えば、凄く釣れているのですが、、、釣れていないと言えば釣れていないです・・??





と言うのも、釣り方を分かっていれば釣れるのですが、同じようなルアーやリグを使っていても、キモが分かっていないと、とても釣るのが難しく、釣れない人は釣れないという現象が起きるため、ポイントやルアーが分かっていても、簡単には釣れてくれません・・。





なので、船団になって、周りにボートがたくさんいても、自分だけが釣れるという、ある意味、釣り人としては最高に楽しい状況になる事もしばしばあります(笑)





ここ2ヶ月程の間、バスは割と少ないポイントに集中している傾向にあり、しかも今年は透明度が異常に高い状態も続いているため、バスもルアーをよく学習しており、かなりルアーを見切ることが多いです。





そんな訳で、ここ最近良く釣れているジグヘッドリグ等でも、通常はロールアクションが出やすいワームや、ロールを出す方が良かったりしますが、普通にジグヘッドリグでスイミングさせていてもなかなか釣れません・・。





13168CA3-638A-4249-BE85-8F55CD51E002.jpeg



なので、Vテールシャッド等の比較的ロールが出難いワームを使ってやると、反応が良かったりする事もしばしばありますので、持ち駒の一つとして、是非使ってみて下さい!





Vテールシャッドのサイズですが、メインベイトのワカサギが、非常に小さい一年魚のワカサギを捕食していますので、できれば3インチのVテールシャッドを使うのをお勧めします。





BA3CA70E-EECE-4DF6-90D7-826754272A5A.jpeg



98C609FC-F2E5-4D16-ACEA-C50F801C102C.jpeg



他には、早朝の釣り人的なプライムタイム限定、ボイル狙いでの、レアリスペンシル85を使った高速ドッグウォークや、スピンベイト60の水面早引きがお勧めです。



25563F79-5D29-4FF8-9DCA-E67B25512192.jpeg



28245D46-2CDA-4888-8BF6-9BB6D5CC99F6.jpeg



ボイル狙いといっても、水温の高い水面直下を泳ぎ回って捕食しているバスはほとんどいなく、深いレンジからワカサギを水面に追い詰め、捕食しているので、ボイルがあっても一瞬でまた深いレンジまで戻ってしまいます。



ですので、ロッドを持ってボイルを待ち構えているか、若しくは、直ぐにキャストできる状態でロッドを置いておき、ジグヘッドリグ等をキャストしつつ、ボイルがあったらロッドを持ち替えキャストするようにしています。



レアリスペンシルは、水面でボイルしたバスが深いレンジに戻ってしまう前に、派手な高速ドッグウォークでルアーに気付かせバイトに持ち込みます。



一方、スピンベイト60の早巻きは、ルアー自体がそれほど強い波動や音を発しないため、ボイルしたところにキャストしても、なかなか気付いてもらえないため、ボイルが多く発生している周辺にキャストして巻いていることにより、ベイトフィッシュを水面に追い詰めようとしているバスに気付かせバイトに持ち込みます。





9603AFE8-E3FB-42DB-88C1-22F6A7E723D0.jpeg



9DF7943F-0C90-4E20-976C-5EE861F408E0.jpeg



釣果の方ですが、先月28日には、レアリスペンシル85で35cmと52cmキャッチ!





A325D731-4C0A-44E8-B113-E95A34741692.jpeg



8B5683EF-FB9C-4725-874A-BA75BBFF8AD9.jpeg



36399A7D-0357-4C4E-AFDD-743537D0410D.jpeg



3287A0B7-69E3-480E-BEFC-2383788FAC59.jpeg



4DB92A41-BB2E-42A9-9EE7-64AA5629902E.jpeg





他には、Vテールシャッド3インチ等のジグヘッドリグで35cm、40cm、48cm、51cm、52cm、54cmをキャッチすることができました♪







4DDE3669-A8E3-4047-B071-AAD91BC3FEB1.jpeg



71652328-1303-4CE0-9B19-3D717AF63BEA.jpeg





31日には、スピンベイト60の表層引きで30cmと40cmをキャッチ♪







C4542403-BFE8-4A30-A8C7-5C871F72FAD5.jpeg



BA21CD1D-785B-4EC2-82A4-CDF834D88063.jpeg



BA3B4214-205F-4699-9281-D622B6985553.jpeg



4A419F1A-3694-4A10-B7AD-DF3AEADFE3D1.jpeg



86C68338-7EBD-4779-9ACE-53436EDE409D.jpeg



F241045D-8B65-42C8-88AF-C236FA72CEFF.jpeg



4FEBCB70-1AEE-4D8C-9B09-C45DB4A6D2ED.jpeg





Vテールシャッド3インチ等のジグヘッドリグで45cm、46cm×2本、49cm、50cm、53.5cm、54.5cmをキャッチ!!





今の入鹿池は、釣り方がハマれば釣れます!!





例年ですと、お盆を過ぎた頃から、スピナーベイト等の巻物への反応が少しづつ良くなって来るのですが、先程も書きましたように、今年はまだ水温も高く、水質もクリアなため、波動の強いルアーへの反応がイマイチな状況です。





台風シーズンという事で、降雨量によりこれからの水位がどうなるのか?先行きが分からない入鹿池ですが、9月下旬までは取水塔が稼働予定となっていますので、このまま降雨が少ない状態が続くと、以前工事のために水を抜いて以来の、過去最大の減水となりそうです。





そうなるとボートでの釣りにも支障を来たしそうですので、何とかそのレベルまでの減水は回避したいところですね・・。







252896E6-A500-4409-AC4C-6CBC5C2B3C66.jpeg



4821743F-26AB-43A4-BE5A-E56181DDA547.jpeg



92F614AC-97AB-41D7-830E-109AC5BD4CD3.jpeg





これからの展開としては、水温が少し低下し始め、濁りが入ってくれれば、スピンベイトシリーズ、バイブレーションやクランクベイト、スピナーベイト等の巻物が活躍してくれるシーズンになります。





B3019250-1AEB-4B50-891D-B2CD0EF027A2.jpeg



983C1873-B3F6-4F66-B6CE-1CE70F800828.jpeg





水質や、バスの反応を見ながら、当たりルアーを見付ける事になるのですが、基本的に、まだまだバスのレンジは深いので、クランクベイトは、レアリスクランク G87 15Aや20Aが活躍してくれると予想しています。



台風などにより、一気に増水した場合などには、シャローパターンも発生するかも知れませんので、状況によりシャロー攻略できるルアーも準備しておいて下さいね!

Return to page top