入鹿池パトロール隊

中部地方の老舗レイク入鹿池をホームとし、週間ルアーニュースに毎週入鹿池のナマ情報を連載中。

  • HITOSHI FURUKAWA古川 仁志
  • 岐阜県在住/琵琶湖・長浜エリアにも精通し、日の出から日没まで、日々デカバスを追い求める熱血アングラー。

RSS

ALL LIST

スピンベイトシーズン到来!!2017.06.21

梅雨入りしたものの、全く雨が降らない日が続いていましたね。



現在の入鹿池の状況ですが、今月7日から入鹿池の取水が始まり、雨が降らないこともあって、入鹿池の水位はグングン下がって来ています。



※3日で50センチ程減水が進んでいるので、このペースで行くと池がなくなってしまいそうですが、・・(笑)



例年通りですと、まだまだプリスポーンのバスもいると思われますが、ほとんどのバスがアフタースポーンの状態ですので、アフター回復系のバスに狙いを絞って攻める方が、良い結果に繋がると思いますよ。



アフター回復系を狙う為の重要なポイントとしては、先ずは河口や岬周りなどの水通しの良いエリアに、メインベイトとなるワカサギが絡む場所がメインになって来ます。



後は、バスのいるレンジを把握出来れば、釣れる確率は飛躍的にアップします。



今年は、バスのレンジが深くなって行くのが、例年と比べかなり早く、現在、入鹿池のサーモクラインは4メートル付近に形成されており、4〜6メートル付近にバスの魚影が濃くなっています。



先程説明した要素が絡む場所を、私はスパイベイティング(スピンベイトシリーズを使用した中層スイミングテクニック)やVテールシャッドのダウンショットリグ、ジグヘッドリグ、ライトキャロなどをメインにして攻略しています。



IMG_7421.jpg



IMG_7423.jpg





スピンベイトはバスのレンジが深いので、80G-FIXや90をセレクト。



高気圧の真っ只中、夏のような日差しの日ばかりですので、なかなかハードプラグが厳しい状態ではありますが、ローライトのタイミングや捕食モードのバスにリンクすれば釣ることも可能です。



IMG_7416.JPG



IMG_7417.JPG



IMG_7418.JPG



入鹿池の常連さんもスピンベイト80G-FIXで、デカバスキャッチ!



最近は、入鹿池でもスピンベイトシリーズの威力が理解され始め、使う方が凄く増えて来ました。



IMG_7383.JPG



IMG_7111.JPG



私もスパイベイティングでキャッチ!





IMG_7420.jpg



Vテールシャッドのジグヘッドリグは、スピンベイトとインパクトを変え、バスとレンジを合わせた中層スイミングで狙い反応を見ますが、ダウンショットリグはキャスト後にラインを送り込まず、直ぐにシェイクを始めることによりアクションしながらカーブフォールさせ、フォールに反応するバスを狙います。



IMG_7076.JPG



IMG_7115.JPG



IMG_7335.JPG



ダウンショットのカーブフォールスイミングでは、45センチ前後のバスの反応が良いです。





ライトキャロは、バスのレンジとボトムのレンジがリンクする場所で、ボトム付近にいるバスを狙い使用します。 IMG_7371.JPG



IMG_7407.JPG





水位がガンガン下がって来ていることもあり、ライトキャロの方が優勢なのかライトキャロには50センチ前後の確率が高いですね。



今後、梅雨らしいローライトで気圧が下がるような日が多くなると、スパイベイティングが炸裂し出すと思います。



今週からは梅雨らしい気候になりそうなので、これからが楽しみですね♪

Return to page top

FIELD REPORT