入鹿池パトロール隊

中部地方の老舗レイク入鹿池をホームとし、週間ルアーニュースに毎週入鹿池のナマ情報を連載中。

  • HITOSHI FURUKAWA古川 仁志
  • 岐阜県在住/琵琶湖・長浜エリアにも精通し、日の出から日没まで、日々デカバスを追い求める熱血アングラー。

RSS

ALL LIST

年明けの入鹿池は・・2018.02.03

今年は非常に寒い日が多いですが、皆さん釣りに出掛けられてますか??



今年の冬の入鹿池の様子ですが、一言で言って『水が悪い』です。





IMG_8998.JPG



昨年、秋らしい秋がなく、急な冷え込みで突然冬になってしまったせいなのか、いつまでも水が落ち着かず、ずっとターンオーバーしており、普段の冬の水質ではなく、1月下旬になっても、クランクで釣れてしまいそうな水質となっています。



※だからと言って、クランクで簡単に釣れる訳ではなありません・・。





他に今年の冬の傾向として、ベイトフィッシュのレンジが深く、シャロー〜ミドルレンジを回遊するワカサギの群れが極端に少ないです。





IMG_8997.JPG



上の画像のように、現在の入鹿池最深部である13〜15メートル程のボトムの少し上の10メートルくらいまでを回遊していたり、ボトムにベッタリ張り付いているワカサギがほとんどです。



基本的に、灯台下からレイクサイド前の岬を結んだ線より南側にしか、ワカサギの群れは魚探に映らない状態が続いています。





IMG_8999.JPG



そんな傾向のため、毎年ウィンターシーズンに実績があり、私も得意としている今井川エリアや五条川河口エリアにも全くワカサギが回遊して来ず、追い討ちを掛けるように、水質の悪さから、スピンベイトを使用した、スパイベイティングが効果を発揮し難い状態となっています。





入鹿池の場合、この時期ディープに落ちているバスは活性が低くとても釣り難いので、シャロー〜ミドルレンジを狙いたいところですが、そういったレンジをベイトフィッシュが回遊しないので、必然的にバスもそういったレンジに表れる確率も低くなってしまいますね・・。





さて、肝心の釣りの方ですが、私は、1月19日に入鹿池の初釣りに行って来ましたが、気持ちの良いくらいの完全試合・・。。。



この日までに、新年明けてから、私のお世話になっている貸しボート屋さん、入鹿亭さんのお客さんでは、1本しかバスが釣られておらず、毎年厳しい冬の入鹿池でも、今年の冬はまた格段に難しいことがよく分かります・・(^_^;)



この時点では、天気予報で22日に強烈な寒波が襲来すると言われていたので、必ず21日に爆発的に釣れると読んではいたのですが・・。



次に私が釣りに行ける日が22日ということで、何とか予報が1日後ろにズレないものかと、祈るような気持ちでしたが、やっぱり最近の天気予報の精度はしっかり上がって来ており、22日にバッチリ冷え込み始めました(泣)



驚いたことに、自分の予想を超えた釣果が21日は出ており、年明けから1本しか釣られてなかったバスが、この日には55センチ×2本、53センチ、52センチと、1日で何と4本の50upがキャッチされていました。



やはりバスは自然界に生きている生物なので、寒波が入って来て捕食行動が取り辛くなる前にエサを食べておこうとする訳なんですよね。



なかなか日を選んで釣りに行ける人も少ないとは思いますが、できればこういったタイミングを見計らって釣りに行くのが、何よりも一番釣果を伸ばす方法となりますよね・・。



※本当なら、どんな状況でも釣らなければいけないのですが・・。





そして、22日の釣果は予定通りでした(T_T)



ワンバイトだけ取りましたが、フッキングしてもすっぽ抜けで終了でした。





あまり良くない状況の入鹿池ではありますが、寒波後の様子を見に行けていませんので、水質が良くなっていることに期待したいところです。





IMG_7421.jpg





IMG_7989.jpg



前回にも書きましたが、状況さえ改善されて来れば、スピンベイト80G-FIXやレアリスシャッド62DRなどが、良くなってくると思います。





IMG_7985.jpg



場所は変わって、今年の初釣りでは、琵琶湖長浜でレアリスバイブレーションG-FIXで無事初バスをキャッチできました♪



IMG_8944.JPG



今年の長浜エリアは、比較的レアリスバイブレーションへの反応が良く、ボトムまでフォールさせてからの短いリフト&フォールでバイトが良く出ます。



レアリスバイブレーションが一瞬ブルッと動く位リフトすればOKです。



このアクションは、バスがボトムにベッタリ付いている時に有効で、もっと浮いてしまっている時は、思い切りロッドを頭上までリフトするようなアクションが有効になる場合が多いですので、バスの状態も考えながらアクションも変えてみて下さい。



私のお勧めカラーは、スパークレッドタイガー、クロキン、野ギル等で、リアクション効果を狙うならフラッシング効果のあるクローム系やクロキン、2月くらいから徐々に春を意識するバスも増えて来ることから、赤系のスパークレッドタイガーの効果が高くなって来ます。



リアクションではなく、捕食でバイトして来る時には、ボトムでバイブレーションが止まっている時でもバイトが出ますので、ボトムまでフォールした後には数秒待つようにして下さいね!





IMG_9036.jpg



2月以降は春に向けて、レアリスジャークベイト120SP等のジャークベイトパターンも熱くなって来る楽しみな季節です!



2〜3メートルレンジのコンタクトポイントとなるエリアで使ってみて下さいね♪

Return to page top

FIELD REPORT