入鹿池パトロール隊

中部地方の老舗レイク入鹿池をホームとし、週間ルアーニュースに毎週入鹿池のナマ情報を連載中。

  • HITOSHI FURUKAWA古川 仁志
  • 岐阜県在住/琵琶湖・長浜エリアにも精通し、日の出から日没まで、日々デカバスを追い求める熱血アングラー。

RSS

ALL LIST

梅雨入り後の入鹿池2018.06.19

入鹿池のある中部地方も遂に梅雨入りし、今月5日からは、入鹿池の取水塔も稼働し始めました!



これからは、グングン水位が下がり始めますので、バスの居場所も日替わりで変って行くシーズンとなります。



現在は、1日に10センチから15センチ程減水するくらいのペースで取水がされており、降雨が全くない状況となるとドンドン減水が進んで行きますので、各エリアのレンジを把握しておき、次の釣行時には減水の具合に応じてポイントのセレクトをする事も大切な作業になって来ます。



梅雨入り前後くらいから、各地でトップウォータープラグでの釣果情報が次第に多くなって来ましたが、入鹿池もやはり例年、梅雨入り前くらいからトップウォータープラグへの反応が良くなって来るので、楽しみなシーズンとなります♪





E98BCADC-1303-4AF0-8476-BF2C84D8BED4.jpeg



F22FC886-58F8-4F48-91A3-8B763E972D36.jpeg



少し減水が進み始めた8日の釣行時には、レアリスペンシル110で46センチと48センチをキャッチ♪





FE0749C9-1226-4E6F-A94A-C8120B5C0834.jpeg



この日は、バスの闘争心を煽るため、あえて入鹿池では若干オーバーサイズなレアリスペンシル110をチョイスしてみました。

レアリスペンシル85と比べ、サイズが大きい分、内蔵されているスチールボール同士がヒットする「カチョン、カチョン」というサウンドが大きいので、バスもイライラッとするはず?です(笑)





ルアーセレクトが功をそうしたのか?捕食というより襲うと言う表現が当てはまるような感じで、水面が破裂しましたね♪



07B63711-72B3-4B8D-97E7-27E9495C976B.jpeg



これから先の時期には、捕食要素がより強くなりますので、実際のワカサギのサイズに近いレアリスペンシル85の方が良いと思います。





そして、絶好調なレアリスNINMUSHIのライトキャロライナリグ





CDEC2700-8F4E-47DC-B8CF-D7009648059A.jpeg



4DF16CC1-D551-4237-807A-8C0F55984C17.jpeg



B757322B-2D68-4C13-A8E7-E33A67D7F770.jpeg



8469D478-5AA6-4F58-920E-C9D69D5CD7B9.jpeg



A92554E1-96CF-4140-AE88-EAAFE0F62AF8.jpeg



同日、43センチ×2本、49センチ、51センチ×2本を、レアリスNINMUSHIのライトキャロライナリグで追加に成功!!



11日は、朝から反応がほとんどなく不調な一日・・・





877E3E28-9538-4925-9301-FEC161C1884E.jpeg



675A3753-E989-42C9-9DB3-A76889FA03FC.jpeg



この日は少し早く帰らなければなりませんでしたが、引き上げる10分前位から、狙いのポイントの雰囲気が良くなり、ギリギリのタイミングでレアリスNINMUSHIライトキャロライナリグで、44センチと53センチをキャッチ!!



バスが回って来始めていたので、普段通りの時間釣りできていれば、更に釣れていたと思われ、引き上げる時には、かなり後ろ髪を引かれましたが、こればっかりは仕方ありませんね・・・。。。





そして、2日後の13日も、僅か4時間足らずでしたが、爆風の中、無理矢理ハンドコンのエレキで出撃!!!



11日に、沖の8メートルラインのド中層3から4メートルラインでのスピンベイト中層スイミングで、ピックアップ時に丸々とした太っいデカバスがチェイスして来たこともあり、本当は沖を回遊する中層スイミングフィッシュをハンティングしたかったのですが・・



3A1939C5-3EF9-4EEC-874F-F731361A17EC.jpeg



9384B89E-6A12-4D23-BB08-F4643BF51581.jpeg



爆風の中ハンドエレキではボートをステイさせることができなかった為、レアリスNINMUSHIのライトキャロライナリグに頼り、46センチと48センチをキャッチすることができました♪



ボトム展開では、まだまだしばらくの間は、レアリスNINMUSHIのライトキャロライナリグも使えるアイテムとなりそうです。



ベイトフィッシュを意識した時は、Vテールシャッド3インチ&4インチのライトキャロライナリグを、甲殻類を意識した時はレアリスNINMUSHIのライトキャロライナリグをと、ローテーションしながら使って頂ければと思います。





そして、先程も書きましたが、ローライト時やボイルしている時などは、レアリスペンシル85やレアリスポッパー64をチョイスしてみて下さい。



グングン減水が進み始めると、ベイトフィッシュやバスが沖へ沖へとポジションを移して行きますので、レアリススピンベイト80、スピンベイト80G‐FIX、スピンベイト90、Vテールシャッド3インチ&4インチジグヘッドリグ、ダウンショットリグでの中層スイミングスイミングパターンが激熱になって来ると思いますので、必ず準備をしておいて下さいね!

Return to page top

FIELD REPORT