Gの四方山話

レアリスG-Fixブランドをプロデュースする西島高志が、気になる製品のテスト状況やインプレッションをはじめ、琵琶湖湖北エリアの釣果やガイド状況などをレポートしていきます。

  • TAKASHI NISHIJIMA西島 高志
  • 岐阜県在住/ 琵琶湖・長浜を拠点にバスフィッシングガイド『GUEST ONE』を営むプロフェッショナルガイド。 長年の経験に裏付けされた独自の理論と感性で常に結果を残す。

RSS

ALL LIST

今年の夏は!?2018.08.09

皆さんこんにちは!

暑い日が続きますが私は毎日湖上に浮いております(^^;

琵琶湖では例年通りの状況かというとそうではなくてですね、全域でウィードが少ないといった現象に頭を抱えております・・・

このウィードが少ないと何故ダメなのか?というと浅いところでバスの止まる場所が無くなるということなんです。

通常はこのウィードに身を寄せながらベイトフィッシュが通過するのを待っているわけです。という事でこのウィードの上をトップウォータープラグやワイヤーベイトを引いてやるとドバッと出るんですが・・・

ウィードが少ないせいでトップウォーターゲームが成立しにくいのが今年の特徴です。

ただこの少ないウィードの中で良質でそれなりの規模であったらまず間違いなくバスはいますのでゆっくりと誘えるレアリスポッパーが南湖で釣れている様です^^

湖北では今後どのように変化していくかでルアーの見極めをしていきたいと思っていますが今のところ動き回っているバスをこちらからぶつけていく感じでキャスト数を上げてデカバスとの遭遇する確率を上げる!

これに尽きますね^^

水も比較的透明度が高い状態ですので水深的に深めを狙っています。

朝夕ではドシャローでのスパイベイティングが効果的で巻スピードもやや速めでグッドサイズが出ています!

o0810108014239294929.jpgこちらは水深1m程のスーパーシャローでレアリススピンベイト80G-Fixシャイニーピンクで釣れたグッドサイズですが透明度の高いときはピンク系がハマりやすいですね♪

o0810108014239294927.jpg

この時期特に盛り上がる釣りといえばレアリス鬼鱒G-Fixのビッグベイトゲーム!

少し前までいた大型のハスの姿が消え小さなハスが小鮎を追いかけまわっています・・・バスの意識が小型のベイトフィッシュにいっている事で今のところバイトが少なめですが今後さらに大型のハスが入ってくるタイミングで爆発するであろう鬼鱒ゲームに私個人的にも期待しています^^

このS字系ビッグベイト レアリス鬼鱒G-Fixにはデカバスを引き寄せる力がありますからビッグベイトゲームの好きな方はガンガン投げ倒してください!!

o0810108014238525537.jpg

という事でまだまだ暑い日が続きますし台風もやってくる季節到来です・・・

気象にも十分気を付けて出船・帰着のタイミングを間違えないようにケガのないバスフィッシングを楽しみましょうね^^

それではまた琵琶湖でお会いしましょうね!

Return to page top

FIELD REPORT