相羽純一のGrade A World

積み重ねてきた経験と卓越したテクニックをフィードバックさせ『Grade A』ブランドをプロデュース。製品に纏わる様々な情報をいち早くお届けします。

  • JUNICHI AIBA相羽 純一
  • 名古屋市在住/オカッパリを中心に純粋にバスフィッシングを楽しむための製品作りとともに、次世代の育成、環境改善活動にも注力していきます。

RSS

ALL LIST

テスト釣行2017.07.28

夏休み突入〜〜ですね!

暑い夏、大好きです!!

汗をかきながらセミの鳴き声を聞きながら

最高だね!子供の頃を思い出します。

月曜日にはDUO社開発課スタッフさんと

開発中のNew アイテムのテストへ繰り出してきました。

開発スタッフさんとの釣行が一番効率も良く

フィールドで「ここをこうしたらこう泳ぐよね〜〜」と言いながらデーターが取れる。

時にはハードベイトのテストですと

アイ調整、ウエイト調整等をその場で行ってもらえるので

一気にテストも進む。

今回は山間部のダムへオカッパリテスト。

発売したばかりの

IMG_1451.JPGレアリス スピン7g」のただ巻きでも

当たり前のようにイージーに釣れてくれるし

アユも多く視界に入った為に

IMG_1478.JPGレアリス ロザンテ63SP&77SPを投入したら

20~30cmは琵琶湖以上にワンキャストワンヒット!

数釣るならロザンテって感じでした。

が、サイズのデカイのをテストアイテムで釣りたくて。

デカバスの好みに合うのか?

デカバスの口に効率よくフッキングするのか??

等々を調べたかったのでテスト開始。

今回のテストメインは

スモラバ(スモールラバージグ)」

レアリスVテールシャッド4インチ

IMG_1526.JPG絶賛発売中のVテールシャッド3インチよりも

一回り?二回り??大きな

レアリスVテールシャッド4インチ

このワームがテストを行っていても

中々悩めるクンで

テストが何回も暗礁に乗り上げ

STOP状態・・・。

3インチ譲りの高比重感なので

4インチサイズでは最重量級でド遠投が可能。

ゆえに、ノーシンカー遠投しての表層の釣りやフォーリングでは釣れるのだが

ジグヘッドやバックスライドリグでの釣果が納得いかず・・・・。

形状やバランス、マテリアルやソルトの種類を試行錯誤を繰り返して

ようやく先が見え始めた。

ただ単に3インチからサイズアップしたのではなく

1からのスタート。

サイズも違えば違うワーム。

そのワームサイズのオリジナリティーを出さなきゃね。

今回はジグヘッドやバックスライドでデカバスでは無かったけど

納得のいく反応を得られたし

ノーシンカーの釣果もスイム姿勢やフォール姿勢が向上したので

釣果もUP。

IMG_1454.JPG超ド遠投からの表層トゥィッチングでドカァァ〜〜ン。

また超ド遠投からの

IMG_1492.JPG大岩のヨレへのフォーリングでギュィィィ〜〜ンと

IMG_1494.JPG丸呑みバイト。

かなり好感触を得られてデーター取りも完了し

次サンプル作成へ。

既に発売レベルに到達している感じだけど

妥協せずに開発を続け来春目がけてテスト続行。

もう一品のテストアイテム

スモールラバージグ」。

こちらは ちょいと根掛かりが少なくボトムでバスの好む姿勢を生み出せる

ヘッド形状をもったスモラバ。

ヘッド形状はほぼ決定していることから

フックの種類、ガードの硬さ角度等細かい調整、データー取り。

デカバスの口へのフッキングはどうだ!っとか

フックの強度等も重点チェック項目。

IMG_1474.JPGVテールシャッド3インチをトレーラーセットしての

流れに乗せてのミドストでも好反応。

またIMG_1500.JPG

ボトムステイでも数釣り可能。

そして様々な使い方をこなせているので

今回のお題の「デカバスハント」。

オカッパリからのデカバスハントは

バス有利でしっかりしたフックや

口へのベストな掛かり方をしていないと

ランディング効率も低下してしまう。

テストにはオカッパリデカバスはベスト。

IMG_145.jpg流芯に潜む筋肉質なデカバスを

スモラバ&Vテールシャッド3インチを流れに乗せてのナチュラルドリフトで!

IMG_1475.JPG強烈に引きました。

フックを伸ばされようのないスポットへの

ピンスポットフッキング。

お次は

Vテールシャッド3インチの組み合わせで

ミドスト〜〜〜フィッシュ

IMG_1468.JPG今度は反転バスの口の横に

しっかりフッキング。

流れの淀みでミドストバイト。

フッキング後は流れに乗って下流へ下流へ〜〜

けど、フッキングがしっかり決まればOK!!

そして、今度は

IMG_1482.JPGサンドバーでボトムシェイキングで砂煙アクション。

IMG_1488.JPG安定したボトムでの姿勢から砂煙も効率よく出せ

砂煙の中でもしっかりVテールシャッドのテールがアピール。

このバスもピンスポットフッキング!!

今回のテストではフック形状、フックサイズ

ガード硬さ、ガード角度が決まり

あとは釣り込んでいくのみ。

釣り込んでいく段階で欠点を洗い出し

修正していく作業となります。

もう少し!もう少しで完成のスモラバ。

こちらも冬をまたいでテストを行い来春発売を目指しているけど

どうなるかな〜〜〜。

今後の詳しい情報は

ブログも参考にしてくださいね!

Return to page top

FIELD REPORT