フィールド攻略のキモ

盟友の相羽とともに手掛ける『Grade A』ブランド関連情報を中心に、オリジナリティーの強い開発コンセプトや、テストシーン、製品インプレッションを独自の視点からお届けします。

  • FUMIKAZU NAGATO長戸 郁和
  • 南大阪在中/team陸釣会所属。変わり続ける環境に柔軟に対応し独自の理論でデカバスを仕留めるハンター。南大阪・和歌山エリアの各フィールド及び琵琶湖の膨大な情報量を武器に日々進化し続けています。

RSS

ALL LIST

CAMBIOSPINの得意技2017.08.05

お久しぶりの長戸です。

変わらず活躍中のCAMBIOSPINですが、是非試して頂きたい技をご紹介します!

080501jpg.jpg

それは、ガーグリング&バジング!

スピナーベイト好きには当たり前の技ですがこのCAMBIOSPINの飛距離と特徴的なブレードの形によりCAMBIOSPINならではのガーグリングとバジングでバスに反応さす事が出来ます。

0805.jpg

まずは飛距離!
当然遠くへ飛ばす分のアドバンテージがある訳でその距離分アピール範囲、バイトチャンスが増えます。

そしてCAMBIOSPINのブレードが発生させる引き波はある程度の水深・距離があってもバスに気付いてもらいやすく、この特徴的なブレードのバジング音は捕食音、ボイル音そのもので周りのバスのスイッチを入れて活性を一気に上げてくれます。

!cid_B447F37A-2756-4FBB-98EE-7E21F9FA85C4.jpg

朝・夕の表層水温が下がったタイミングや、涼しく風が吹いている時、また虫系を食べにプチプチてギルの捕食音がしているエリアでは是非試して下さいね。

ではでは!

Return to page top