モヒカン武が行く!

愚直な漢モヒカンが綴るバス日記。ユーザー目線でストレートな製品インプレッションを中心に、バスフィッシングの楽しさをお届けします。

  • KEI TAKEHISA武久 圭
  • 名古屋市在住/トーナメント参戦、琵琶湖ガイドを経て、今では手長海老からマグロまで幅広くこなすも、やはりバスは特別な存在。モヒカン武の愛称で親しまれるマルチアングラー。

RSS

ALL LIST

新作SHAD 62DRF!!2017.10.29

今秋 新たにSHAD 62DRFがリリースされ 量産タイプを握りしめ台風通過直後の入鹿池へ行って参りました

しかしながら 台風の爪痕は酷いもので 通過後は一気に3メートル近くの増水と濁り 流入したゴミが直ぐ目に付きました

DSC_2910[1].JPG

水温も急激に下がった影響もあり 周りの釣り人からも渋い!っとの声が・・・

風物詩のワカサギも台風前まではコンスタントに三桁は確実だった好調ぶりが嘘のように思える沈黙

こんな難しい状況下で拍車を掛けるかの様に このゴミが思うようなトレースラインの邪魔をします(;´Д`)

モヒカンはフロロ5LBで62DRFを使用してますが通常キャストでの潜航は2メートル前後となってしまい この日は魚探の映像で3?4メートルレンジに多くのワカサギの群れが写って居たのでこのままでは濁りもあってもっとレンジを下げてやらないと バスに見つけてももらえないので 後方へキャストしエレキを使って30メートル程 ラインを出してからドラッキング 

これをする事で3メートル底をノック出来るようになるので 5?6メートル付近の良さげな地形変化の場所を行ったり来たりしながら中層を探り始めると確りした明確な当たりが!!

DSC_2897[1].JPG

この 中層攻略に気が付くまで費やした時間が長かったけど(;´Д`) 

このDRFの特徴でもあるフローティング構造 ルアーがスタックしても ラインテンションを抜いてやる事でテールから浮き上がろうとするので ルアー回収率も高いのも魅力の一つ!!

ポイントに対して果敢に攻めて行けるのでヒット率も自ずと上がりますし ノック&ストップで浮力を生かしたアクションが引き出しを増やしてくれるのでお勧めです!!

DSC_2902[1].JPG

そして陽も傾き 釣り人によるプレッシャーが抜けたタイミングでG87?20Aのクランキングでゲット!!

DSC_2907[1].JPG

台風後は一気に秋も深まり ターンオーバーの影響も落ち着けば また巻き巻き作戦が有効になってきますので楽しみですね?!!

では 皆さんもよい釣りを!!(^.^)/

Return to page top

FIELD REPORT