果報は寝て待て!

ビーチウォーカーブランドのコラボレーションモデルに纏わる四方山話を中心に、ヒラメ狙い役立つ様々な製品情報や各地のホットニュースをお届けしていきます。

  • MITUYA HOTTA堀田 光哉
  • 静岡県在住/様々なメディアで活躍するご存知『ホッティー』の愛称で親しまれる元祖ヒラメハンター。

RSS

ALL LIST

オオニベ釣れましたゼーット!2017.12.23

こんにちは。堀田光哉です。
あっという間に2017年も終わりです。
振り返ると今年は多くの魚に巡り会えたような気がします。
先日の九州宮崎での撮影では、まさかのオオニベ(中サイズ)に出会えました。
(ルアーパラダイス九州という北部九州で放送されているテレビ番組での撮影)
DSCN0180.JPG
海は凪。少し濁りが入り、ベイトが目視でも確認できるほど多く、またルアーを引くと
ガツガツと当たるような状況でした。
ただ状況に反し、自分に最初のヒットがあったのはお昼すぎ。
朝から6時間投げ続け、ようやくヒットに辿り着きました(笑)
DSCN0166.JPG
フリッパーZのゴールドクラウンに交換しての数投目。
ファーストフォールで軽く何がが当たり、リトリーブを開始したところでヒット。
遥か80m先でのヒットでした。
すぐにオオニベとわかったために慎重にファイト。
中ニベサイズなので、ランディングまではそれほど時間は掛かりませんでした。
DSCN0171.JPG
しっかりと計測すると82cm。自分自身、初のオオニベなので、とても嬉しかったですね。
フリッパーZの飛距離と、亜鉛素材によるフォールの遅さがプラスに働きました。
フォールが遅いために食わせやすいのですね。
オオニベはフォール中のフリッパーZを離れた場所から見ていたはずです。
そして発見してダッシュで捕食に至ったのでしょう。
DSCN0196.JPG

二匹目はひたすら投げ続けた2時間後の午後2時半過ぎ。
今度はフリッパーZの水色キャンディーにヒットです。
こいつはただ巻き中、波打ち際で食ってきました。
その前のキャストで引っ張られるようなバイトがあったために、たぶん同じ魚だと思います。
2匹目は感じが掴めているために、たぶん2分も掛からずにフィニッシュ。
サイズアップして92cmでした。いずれもフリッパーZでの釣果。

DSCN0205.JPG
フリッパーZはボトム近くのスロー引きだけでなく、
中層をヨタヨタ泳がせるような釣りにも使えますね。
また2フックのメタルジグはフッキングがよく、バラシが少ないです。
安心してファイトできましたし、良い場所にフッキングしていました。
フリッパーZはサーフの釣りの万能メタルジグだと改めて認識しましたよ!
というわけで少し早いですが、2017年もこのブログを見ていただきありがとうござました。

Return to page top

FIELD REPORT