矢七スタイル

東京湾をメインフィールドに独自のスタイルで突っ走る激闘レポート

  • KENJI OGINO荻野 憲司(矢七)
  • 神奈川県在住 / 河川、磯、サーフ、干潟、港湾と様々なフィールドに精通し「ビッグプラグ=ビッグフィッシュ」を信念にモンスターを狙う。 「釣り」と「カメラ」、そして「ネタ」に人生を捧げるアングラー。

RSS

ALL LIST

キビレとクロダイのヒットパターン2017.07.11

前回のレポートでご紹介したチヌトップ
ターゲットはキビレでした。

基本的にデイゲームでのトッププラグ、クランクベイトに反応してくるのは
99パーセントがキビレです。

resize14216.jpg

レアリスペンシル85

resize14217.jpg

レアリス クランク M62 5A

これはおそらくキビレとクロダイの気質の違いなのではないかと思います。

キビレのほうが攻撃的で獰猛だと言われているので
ド日中でも果敢にアタックしてくれんでしょうね。

いっぽう警戒心の強いクロダイは
ド日中にはなかなか釣れません。

しかし、

少しエリアを変えて
時間を変えて
ルアーを変えれば

実はガンガン釣れます(笑)

日が落ちた時間帯
ルアーはベイルーフSV70とSV80

resize14218.jpg

resize14219.jpg

ベイトライクなシルエットに
ライトウエイトのシャローレンジ攻略に特化したバイブレーションです。

クロダイの魅力は何と言ってもサイズ。

ルアーで釣れるのはほぼ50アップ
キビレよりひとまわり、ふたまわりも大きいです。

resize14224.jpg

resize14221.jpg
resize14225.jpg
resize14222.jpg

今回の最大サイズは
57センチ

resize14223.jpg

身体も厳つく
コンディション抜群
引きもサイコー


キビレ
・デイゲーム
・トップまたはクランクベイト


クロダイ
・ナイトゲーム
・小粒のバイブレーション


自分なりには
これが東京湾奥(横浜エリア)でのヒットパターンだと考えてます。

千葉方面ではデイゲームでもクロダイが釣れているので
地域ごとの攻略法を探すのも楽しいですね。

Return to page top

FIELD REPORT