矢七スタイル

東京湾をメインフィールドに独自のスタイルで突っ走る激闘レポート

  • KENJI OGINO荻野 憲司(矢七)
  • 神奈川県在住 / 河川、磯、サーフ、干潟、港湾と様々なフィールドに精通し「ビッグプラグ=ビッグフィッシュ」を信念にモンスターを狙う。 「釣り」と「カメラ」、そして「ネタ」に人生を捧げるアングラー。

RSS

ALL LIST

マニックを操る2018.03.08

先週は春一番が吹き、
これから急加速で春本番に突入する東京湾

resize14409.jpg

相変わらず河川や干潟ではデカバチが抜け
そのサイズにマッチしたマニックの155と135が大活躍。

シーバスをはじめ、
チヌまでもがマニックにアタックしてきました。

resize14407.jpgresize14408.jpgマニック155 (マットポップチャート)

resize14410.jpgresize14411.jpg

マニック135 (イモムシ)


バチパターンでは
ダウンクロスにキャストし
ヘッドからベリーに流れを当て
マニックの揚力(浮き上がる力)を活かし
スローに水面直下をトレースするのが有効です。


さて、春にはもうひとつ代表的なベイトがあります。

それは「アミ」

バチ以上に遊泳力が弱く、
体長も数ミリから大きくても3センチ程度。

このアミに偏食してしまうと
バチよりもはるかに食わし辛い状況になります。

この厄介なアミパターンでは
マニックフィッシュが効果的。

アップクロスで流れに同調させ
中層より下を漂うようにシーバスの鼻っ面に流し込むイメージで

resize14412.jpgresize14413.jpg

マニックフィッシュ88(活きシラス)


アプローチの仕方を変えるだけで
「バチ」にも「アミ」にもアジャストできるマニックシリーズ。

マニックを操り
偏食期の春のシーバスフィッシングをお楽しみください

Return to page top

FIELD REPORT